CSV(Creating Shared Value)

共有価値の創造とは

CSV(共通価値の創造)とは何か?

共通価値の創造は、企業が事業を営む地域社会の経済条件や社会状況を改善しながら、みずからの競争力を高める方針とその実行と定義できる。共通価値を創出するにあたって重視すべきことは、社会の発展と経済の発展の関係性を明らかにし、これを拡大することである。
ハーバード大学ビジネススクール教授のマイケル・E・ポーターが中心となり提唱している概念です。

 
「共通価値の創造」は、コンプライアンス(法令遵守)やサステイナビリティ(持続可能性)の追求のさらに上を目指す考え方です。中長期的な視野を持って、社会的状況や経済状況を鑑みて、社会的意義のある事業活動を行っていく事で、より企業経営を堅実に行っていくことを目指しています。
社会と株主双方に取って価値を創出していくことが求められています。
企業としては、優れた人材と資本の両方の資源を投入して、関係する全てのステークホルダーとともに、事業活動として価値創造していくことが必要となっています。

CSRについて

CSR(Corporate Social Responsibility)は、マイケル・E・ポーターによると企業にとっては経営戦略とはなり得なかったと提起しています。社会貢献活動(フィランソロピー)や慈善活動と理解されて来たCSR は、企業の事業活動とは直接的な結びつきが希薄であったとされました。


CSVについて

CSV(Creating Shared Value)は、企業にとって経営戦略の一つとして認識され、本業に即した形で社会的課題を解決する取組みを行っていくべきだという示唆のもとに、マイケルポーターから提言されています。現在、ネスレが世界で初めてCSVの概念を取り入れて、CSV(共通価値の創造)活動をグローバル展開しています。